セレック治療

セレック審美歯科とは

selleck1

審美的な治療には、自然な白さと美しさを持ち、生体親和性に優れたセラミックによる治療が欠かせません。

「セレック審美治療」とは、これまでのセラミック治療のように歯型を取ることなく、3D光学カメラ(インターオーラルスキャナ)で口の中を撮影するだけで、セラミックの詰め物や被せ物といった修復物が製作できる画期的な治療システム。コンピュータで修復物の設計・制作まで行うため、最短1時間という早さで修復物が完成します。

当院の院長はISCD国際セレックトレーナーを取得しております。

銀歯とセラミックはどっちがいい?

銀歯はどうしても目立ってしまう点から、歯を白くしたいという方は多いのではないでしょうか。
銀歯は汚れが付き易く、年数が経つと銀歯の下が虫歯になっていることが多いです。
セラミックは色・ツヤが天然歯に近いため、前歯のような審美性が求められる治療に特に適していると言われています。
しかし、セラミックのメリットは見た目だけではありません。セラミックには、銀歯にはないさまざまメリットがあることから、当院でもセラミックを選択される患者様が増えてきました。

銀歯よりセラミックが優れている点

  • 天然の歯同様の美しい仕上がり
  • 汚れ(プラーク)が付着しにくく虫歯になりにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 短時間で制作できる

当院のセレック治療

デジタル化が進む歯科業界において、詰め物や被せ物といった修復物をコンピューターを使って製作し、治療時間を短縮できるCADCAMシステムを導入している歯科が増えています。

当院ではドイツの医療機器メーカーであるシロナ社のセレックシステムを久留米市内でいち早く導入し、患者様に快適な治療を提供し続けています。
患者様にとって最適な治療環境をご用意しています。

omnicam_1
セレックAC(オムニカム)
machine01
inEos X5
654
ポーセレンファーネス
mcxl
MCXL
machine02
inlab MC X5
jilconia
ジルコニア シンタリングファーネス

こんな方におすすめ

  • 治療に時間をかけたくない方
  • 白くてきれいな歯を希望される方
  • 銀歯を自然な白さのものに替えたい方
  • 金属アレルギーをお持ちの方
  • 審美歯科治療を受けたい方
  • 高精度な治療を希望されている方

メリット

セレック治療には従来のものと比べさまざまなメリットがあります。健康志向の強い方や見た目にこだわりのある方、多忙で歯医者への何回もの通院が難しい方にはおすすめの治療法です。

虫歯・歯周病になりづらい

金属の詰め物・被せ物は環境の変化や時間の経過により、膨張や収縮をする特徴があります。そのため、接着剤との間にすき間ができ、そこから細菌が侵入し虫歯になるリスクをもっているのです。どんな状況でも変化が起こりづらいセラミックなら、金属製のものにくらべて虫歯・歯周病になりづらい補綴治療が可能になります。

金属不使用

セラミックを使ったセレック治療はメタルフリー治療です。そのため、金属を使った治療に比べ、歯肉への親和性が高く、炎症が起きにくいことが特徴です。
また、金属イオンが溶け出すといったこともありませんので、金属アレルギーや、歯ぐきに黒ずみを招くような事態にもいたりません。

デメリット

銀歯と比べると耐久性が低い

保険が適応されないため、費用が掛かる

保険が適応される銀歯と比べると、耐久性が見劣りする点と自費による治療となるため、費用が掛かってしまうという点が主なデメリットと言えます。
耐久性が気になる方に対して、当院では耐久性の高いセレックもご用意しておりますので、アスリートの方などにもご利用いただけます。

メリット・デメリットをしっかりとご説明し、ご納得いただいた患者様へのみ治療に取り掛からせていただいております。

治療の流れ

  1. 1カウンセリング
    現在の問題点や、治療を希望されている箇所を伺います。
    治療の流れや費用等のご説明とともに、患者様それぞれに合った治療計画をご提案させていただきます。
  2. 23D光学カメラで口の中を撮影
    最新の3D光学カメラにて口腔内を撮影します。わずか数十秒で、歯列が患者様の目の前に設置されたモニター画面に映し出されます。
    虫歯がある場合は、悪い部分を削った後に撮影を行います。
  3. 3コンピュータの画面上で設計
    撮影した3D画像をさまざまな角度から解析し、歯の形や咬み合わせを調整しながら患者様に合った理想の修復物を設計していきます。
    設計データ作成後に、豊富な種類のセラミックブロックからご自身に合う最適な色を選びます。
  4. 4最新機器が修復物を加工
    コンピュータによって作成された設計データを元に、ミリングマシンという切削機器がセラミックブロックを削り出し、高精度の修復物を製作していきます。
  5. 5セラミックをセット
    完成したセラミック修復物を口腔内へ装着します。接着が終わったら咬み合わせを調整し、仕上げの研磨をして全ての治療が完了となります。
  6. 6治療終了
    治療スタートから、最短で1時間の工程です。

 

PAGE TOP