インプラント治療

健康な歯に負担をかけることのない、失ってしまった歯を補うための治療法。入れ歯と違い、装着感や違和感も気にならずにまるで自分の歯のように生活することができます。特別なお手入れの必要はないですが、メンテナンスをきちんとすることが大切です。

当院の院長は、㈳日本口腔インプラント学会認定の専門医であり、安心・安全な治療を提供できるよう努めています。

専門医になるにはインプラントの専門知識や技術を習得するのはもちろん、様々な受験資格をクリアした上で、一定の症例数をこなして経験を積み、複数の試験を経て、学会から認定を受ける必要があります。

implant1

インプラントとは

外科手術を行い、顎の骨にインプラントを埋入する治療法です。歯根の代わりとなるインプラントは顎の骨と強固に結合し、自分の歯のように使用できます。

当院のインプラント治療

インプラント専門医である院長自ら、患者様お一人おひとりにカウンセリングを行い、ご要望やご予算などをお伺いします。歯科用CTで撮影を行い、口腔内、歯槽骨や歯根の状態を患者様と一緒に確認・診断します。

詳しい治療方法までお話し合いをした上で、インプラント治療が望ましいと判断した場合のみ、治療を進めさせていただきます。

clinic2-3

当院のインプラント治療では、最新のシミュレーションソフトと歯科用3Dプリンタを用いてインプラント手術のサージカルガイドを作り、より正確に埋入手術をすることができます。

患者様に合わせた他の治療法のご提案もさせて頂いておりますのでご安心ください。

guidesoft
ガイドソフト

CTデータをパソコンに直接読込み、インプラントの埋入位置をシミュレーション。パノラマでは診えなかった3次元的な顎骨の形態を把握し、安全性だけでなく完成度の高い診断を実現します。

guide
ガイド

安全で予知性の高いインプラント埋入手術を可能にします。

こんな方におすすめ

  • 周辺の健康な歯を削りたくない方
  • 入れ歯のせいで固いものが噛めず食事が楽しめない方
  • 入れ歯のせいでしゃべりにくい方
  • 入れ歯が合わずに何度もつくり直している方
  • 入れ歯の取り外しによる清掃が面倒な方
  • 入れ歯のバネがイヤな方
  • 入れ歯で嘔吐反射の出る方

メリット

自分の歯のような違和感のない噛み心地

顎の骨に直接固定をするため、硬いものを食べても自分の歯と同じように自然に噛むことができます。

見た目が気にならない

材料に使用するセラミックは患者さまご自身の歯の色調と合わせて作製します。自然な仕上がりで美しい歯となります。

健康な歯を傷つけない

歯を失った部分にだけ埋め込みをしますので、まわりの歯を削ったり支えにしたりする必要がありません。

デメリット

自費での治療のため、費用が掛かってしまう

外科手術を必要とする

完成までの期間が長い

インプラント治療におけるデメリットに関しては、主に上記内容が挙げられます。
特に外科手術が必要となるため、患者様への負担が通常の治療に比べて大きく、失敗する可能性ももちろんあります。
※現在の外科手術の成功率は95%と言われています。

また、術後もメンテナンスが必要のため、わずらわしく感じるかもしれないですが、しっかりとメンテナンスをすることによって歯の寿命をさらに伸ばすことができます。

治療の流れ

  1. 1診査と治療計画
    失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法には様々な選択肢があります。
    歯に掛かる力の方向や強さはもちろん、患者様に無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。
  2. 2CT撮影、口腔内の情報の採取
    CT撮影したデータと口腔内のデータを専用のシミュレーションソフトで、シミュレーションをし、インプラント埋入の計画の立案と、サージカルガイドの設計製作を行います。
  3. 3一次手術
    あごの骨にインプラントを埋め込みます。
    基本的には、サージカルガイドを用いてガイドサージェリーを行います。
  4. 4治療期間
    一次手術後、3~6ヵ月後の治療期間をおくことでインプラントと骨が強い力で結合します。
    この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。
  5. 5二次手術
    歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。
  6. 6人工の歯を作製・装着
    歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。
    形や色などは患者様に合わせて作製し、インプラントに取り付けます。
  7. 7メインテナンスと定期検診
    インプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。ブラッシングの方法などについて適切な指導を受け、
    半年に1回程度の定期検診を受けて、インプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認します。
PAGE TOP