虫歯を放置してはいけません!死亡する事例もあったほどです

みなさんこんにちは!

久留米市にある「辻歯科クリニック」です。

 

虫歯は出来るだけ早期発見・早期治療をしましょうと口酸っぱく啓蒙してきました。

これは虫歯が原因で死亡していた時代があったからです。

今回は虫歯を放置してはいけない理由について解説していきます。

 

  • 歯の激痛を起こす

虫歯が進行して歯の神経が入っている歯髄まで達すると歯髄炎という症状が起きます。

歯髄炎は激しい痛みが特徴で日常生活もままならないほど強い痛みが出ることもあるのです。

多くの方はここで歯科医院を受診しますが、市販の痛み止めで耐えてしまう方もいます。

 

  • 敗血症を引き起こす

虫歯が進行して血液中に入り込むと敗血症という病気を引き起こします。

敗血症が起きると意識障害や臓器不全を起こすことがあり、最悪の場合は死亡します。

江戸時代などは虫歯が原因で起きる敗血症で死亡する方も一定数いたという記録が残っています。

 

このような理由がありみなさんには虫歯を早めに治療していただきたいです。

関連記事

  1. 口の中から歯が526本?インドであった歯牙腫の症例を紹介

  2. 睡眠中に歯ぎしりをすると歯を失うリスクが上がる!歯を守るため…

  3. 保険点数改定への話し合いが進む?予防を意識しましょう

  4. 矯正治療をすると他人の歯が気になる?

  5. 歯磨きの仕方をマスターして健康なお口にしましょう

  6. お口を開けるときに音がしたら「顎関節症」かも!歯科医院で治療…

PAGE TOP