歯科治療で使っている青い光は何?治療内容を解説します

みなさんこんにちは!

久留米市にある「辻歯科クリニック」です。

 

みなさんは歯科治療を受けているときに「ピッ」という音とともに青い光が発光した経験がありませんか?

今回はそんな歯科治療の内容について解説していきます。

 

  • 青い光は何に使う?

青い光を歯に当てることで、歯科用プラスチックである「コンポジットレジン」を硬化させています。コンポジットレジンは、光硬化型と成分同士が重合して硬化する化学重合型があります。

歯科医院で使用されているものの多くは光重合型で、青い光を数秒当てるだけで硬化するのです。

 

  • 歯科用コンポジットレジンの登場で画期的になった

歯科用コンポジットレジンの登場により、小さな虫歯はその日のうちに白い詰め物ができるようになりました。

また、コンポジットレジンの材質強化により大きな虫歯などでも使用できています。

 

当院でも光重合型のコンポジットレジンで治療を行い、青い光を使用しております。

関連記事

  1. セレックで白い歯を作りませんか?口元が綺麗だと印象が変わりま…

  2. スポーツマンは入れ歯よりもインプラントの方がパフォーマンスが…

  3. インプラント治療は任せられる歯科医院で行ないましょう!

  4. 歯周病のセルフチェックで健康な歯茎を維持しましょう

  5. 味をしっかり感じ取れていますか?味覚障害には早めの対応を!

  6. 災害時のオーラルケアは何をすればよい?これからの防災に役立て…

PAGE TOP