スポーツマンは入れ歯よりもインプラントの方がパフォーマンスが向上する?

みなさんこんにちは!

久留米市にある「辻歯科クリニック」です。

 

今回はスポーツをされる方へ、入れ歯よりもインプラントの方がスポーツのパフォーマンス力の向上につながることをご紹介いたします。

 

  • 咀嚼力の向上で力が入る

インプラントは、顎の骨へチタン製のボルトを埋入します。人工歯根と呼ばれており、実際の歯のように噛むことができます。一方、入れ歯は歯茎と入れ歯を吸着させて安定させています。入れ歯は自然歯と比較すると1/10程度の咀嚼力になるといわれているのです。

 

スポーツのパフォーマンスには、基礎体力も必要ですがどれくらい力を入れられるかも大切となります。重量挙げの選手を例にたとえると、力を込めるか込めないかで持ち上げられる重さが異なります。

 

この力に関係するのが噛み合わせです。

噛み合わせがよければしっかりと噛むことができ、力が入りやすくなります。これがインプラントと入れ歯にも同じように言えるのです。

入れ歯よりも、インプラントの方が咀嚼力を最大限に発揮できるため結果的にはスポーツのパフォーマンス力が向上するのではないでしょうか。

関連記事

  1. 歯科治療で使っている青い光は何?治療内容を解説します

  2. 虫歯を放置してはいけません!死亡する事例もあったほどです

  3. 歯磨きの仕方をマスターして健康なお口にしましょう

  4. 災害時のオーラルケアは何をすればよい?これからの防災に役立て…

  5. お口を開けるときに音がしたら「顎関節症」かも!歯科医院で治療…

  6. 矯正治療をすると他人の歯が気になる?

PAGE TOP