口の中から歯が526本?インドであった歯牙腫の症例を紹介

みなさんこんにちは!

久留米にある「辻歯科クリニック」です。

 

先日、インド南部の7歳男児が口の中から526本の歯を摘出したというニュースがありましたね。

これは、俗にいう過剰歯ではなく歯牙腫という腫瘍が原因でした。

今回は、この歯牙腫について紹介していきます。

 

  • 歯牙腫とは?

歯牙腫とは、口腔領域に発生する腫瘍の一つです。

腫瘍と聞くと、悪性腫瘍などを想像される方がいますが、心配しないでください。

歯牙腫は良性腫瘍の一つです。

 

  • 症状は?

歯牙腫ができると、顎骨が膨隆して顔の形が変形することがあります。

しかし、痛みや腫れはありません。

ほとんどの患者様が無症状なため、歯科医院での定期検診時にX線検査で発見されることが多いです。

 

  • 治療法は?

歯牙腫の治療法は外科処置です。

若年の場合は、顎の骨を口腔内と交通させる「開窓療法」というのをおこない歯牙腫を小さくします。

高齢の患者様では、顎骨の一部を切除して骨移植をすることもあります。

 

当院では、必要に応じて近隣の大学病院へ紹介状を書かせていただきます。

 

関連記事

  1. 歯科治療で使っている青い光は何?治療内容を解説します

  2. スポーツマンは入れ歯よりもインプラントの方がパフォーマンスが…

  3. 歯周病とアルツハイマーにある意外な関係性!アルツハイマー予防…

  4. 矯正治療をすると他人の歯が気になる?

  5. 歯型をとる時のピンク色の粘土!気持ち悪くなる方でも安心して受…

  6. 歯磨きの仕方をマスターして健康なお口にしましょう

PAGE TOP